読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”らくだキャンプ”へようこそ

深夜に語りたくなったことを主に書くブログ

ハンドル無し、ペダル無しの自動運転車!なんかスゲー。

さすがカリフォルニア。新しいカルチャーやテクノロジーがそこにはある。今回の記事もそれに関わるもの。自動運転の車の話は、前から各社が言っていたが、僕の中でハンドルやブレーキペダル無しという話は聞いたことがない。なので、下の記事を見た時はビックリした。やはりやってくれるぜ、カリフォルニア。シリコンバレーがあるのはだてじゃないね。

www.theguardian.com

基本的には、カリフォルニア州の規制が変わるよって話。今までも、GoogleやTeslaなどが自動運転の車のテストを何度となくやってきた。2017年末には、テストを運転手無しの車のテストを路上で開始してよくなるらしい。そして2018年には、限定された顧客が運転してもよくなるらしい。まじですげー。昔の映画で見たような世界になるんだねー。ただ、知らなかったけど、テキサスでは既にテストドライブはしているみたい。それはそれでビックリだけど。

ちなみにこの記事に出てくる会社のWaymoの車の写真は下。運転席にハンドルがない。

f:id:Takarabe-san:20170320115152j:plain

時代は急速に変わってきているね。この技術が普及するまでに時間は多少かかるかもしれないけど、これによっていろいろと社会が変わる気がする。

車の中が広々と使えるようになりそう。ハンドルいらないもん。更に、今回の変更が現実的になれば、通勤する時に車で来て、そのまま車だけ帰宅させ、帰る時にまた呼ぶみたいなことも出来そう。つまり駐車場いらない。更に、家庭に車一台でよくなるんじゃね?旦那さんが通勤で使うけど、奥さんが買い物や子供の幼稚園の送り迎えで使いたい、そんな時に2台持ってますみたいな人がいればね。通勤時間が有効に使えるようになっても、読書とかに使いたい。事故は減るだろうね。携帯ゲームをしながら運転してた人を矯正するよりも、新しい車を開発して、携帯ゲームしててもOKみたいにする方が合理的。なので、より安全になる。

恩恵を受けそうなポジティブな業界

外食産業(特に居酒屋)、ウイルスシステム産業(自動車がハッキングされたら大変だから)、システム(情報処理や統合の需要は増えるだろう)

消費者もうれしいだろうね(小売り価格は間違いなく下がるだろう、輸送費から人件費がなくなるので)

ネガティブな業界

輸送産業(タクシーやトラックの運転手いらなくなる?UBERで既にタクシー不要になってきているけどね)、自動車産業(部品会社の多くがつぶれるかも、完成車会社も厳しいかもね。コア技術がエンジンから、情報になるので)

 

目が離せないことになりそう。

Black Lagoonというアニメって知ってる?連載再開するって知ってる?

僕の趣味

ついに来ました。連載再開。2014年に休載してから、待っていたかいがあったというものだ。でも、未だに少し懐疑的なのも事実。だって、2年近くたっている。本当に始まるのかなぁ。

f:id:Takarabe-san:20170320111718j:plain

知らない人の為に、ストーリーを少しだけ。

日本の一商社・旭日重工(あさひじゅうこう)の社員だった岡島緑郎は、会社の機密ディスクを運ぶ任務中、南シナ海で違法な運び屋・ラグーン商会にディスクを奪われ、自らも拉致されてしまった。商会は、ディスクと緑郎を引き換えに旭日重工からの身代金奪取を狙っていたが、機密漏洩を懸念した旭日重工と彼の上司・景山は、ディスクと緑郎を両方消滅せんと画策し、傭兵派遣会社・エクストラ・オーダー(E.O.)へ商会の襲撃を依頼した。やがて、旭日重工が自分を見捨てたことを景山に伝えられ、E.O.の襲撃に遭った緑郎は、狼狽の果てに閃いたアイディアを商会のメンバーへ提案し、この危機の打破に成功する。その後、景山は再会した緑郎に対し、旭日重工社員としての日本帰還を何事も無かったかのように促す。しかし、「俺はもう死んでるんですよ。あんたがそう言った」と不信感を露にした緑郎は、「俺はロックだ!」と名乗って帰還を拒否する。商会から誘われ、その見習い水夫となった緑郎ことロックは、商会の船「ブラック・ラグーン」に乗り込み、危険な任務へ赴くようになる。(Wiki

主人公は、元サラリーマンなのだ。舞台の島はタイって書いてある記事を読んだけど、東南アジアは、今でも海賊が出るのであながち間違ってもいないかもしれない。でも、そんなに火器が簡単に手に入るとは思わないけど。

ちなみに、このアニメに出てくるキャラクターたちは、簡単に銃を撃っているが、僕の実体験からするとそんなに簡単ではない。ハンドガンで口径の大きいものになると女性が片手で扱えるものではない。とにかく反動がすごいのだ。ライフルやショットガンなら問題ないだろうが、ハンドガンは近づかないと命中が難しい。そんな運動神経がよくないからかもしれないけど。

ちなみに、このアニメの主題歌はカッコよくて好きだ。RedFractionという歌で、Mellという人が歌っている。カッコよいので、聞いてみてほしい。


[ブラックラグーン] Black Lagoon  OP Red fraction full

政宗くんのリベンジってどう思う?気に入ってる?

僕の趣味

現在テレビで放映中のアニメ。知っている?個人的に、絵は好きだし、テーマも興味をそそられるものになっている。Youtubeにも落ちているので、11話までをスルーで見てみた。

f:id:Takarabe-san:20170320105035j:plain

知らない人の為にストーリーを簡単に。(Wikiさんより)

8年前、苛められっ子だった真壁政宗は自分に「豚足」というあだ名を付けて振った令嬢安達垣愛姫に復讐すべく、過酷なダイエットと筋力トレーニングにより激痩せしてイケメンへと生まれ変わり、苗字まで祖父のものに変えて故郷へと帰ってくる。

文武両道・容姿端麗・明朗活発という三拍子揃った別人になった政宗は、愛姫を惚れさせたうえで「最高の形で捨てる」という「デッド・オア・ラブ作戦」を決行する。しかし、愛姫の付き人である小岩井吉乃に幼少の頃の「豚足」であることがバレ、計画は破綻するかに思えたが、愛姫への復讐に協力してもらえることになる。

その後、政宗を慕っている病弱の令嬢でノーパンの京娘・藤ノ宮寧子が転校してくるが政宗は愛姫への復讐を完遂させるために寧子を振る。さらに、愛姫の許婚でありマサムネと偽るポッチャリ系の高校生雅宗兼次が転校してくる。


政宗くんのリベンジ 第1話

 こんな話。まぁ、子供の頃にダークな思い出のある人には、おそらくグッとくるようなストーリーだろう。という、僕も結構グッとくる。現実世界では、こんなこと無理だ。やせても学校内カーストはそんなに変化しないし、そもそもそんなに努力出来ないもん。

ストーリーが単純で、場所も学校の日常生活だけなので、連載にそもそも限界がある。なので、アリキタリな成り行きになっていく。要するに、主人公のライバル(彼女を取り合う)やヒロインのライバル(主人公を取り合う)が出てきて話数を稼いでいる。批判的に書いているが、他のアニメよりは、工夫がいろいろとされており、サブキャラの設定それなりに凝ってはいる。そんなに低評価ではない。

しかし、この手の学園恋愛ものは、6話くらいで完結でいいのではないか?と思ってしまう。無駄に引き延ばしても結論に変わりはなく、ストーリーに対して厚みが出るわけではない。無駄にエロい要素が出てきたりするが、やはりサクッと気持ちよく終わらせてもいいのでは思ってしまう。高校生の恋愛なんて、それほど厚みが出るテーマでもないしね。今時、何%の人が高校から付き合った人と結婚するのか?僕の周りでは、ほとんどいない。みんな手探りの恋愛をしている時期だしね。

f:id:Takarabe-san:20170320110405j:plain

学生時代の恋が、運命の恋になる確率は○%!?失恋からの復縁や、驚きの再会エピソードとは?|株式会社A.T.bridesのプレスリリース

この手のハイスペック主人公のアニメの連載は難しいだろうと考えさせられる。だって成長する余地があまりないもの。僕の中では、最強の恋愛漫画は未だにI'sで止まっている。なんと言っても、絵が綺麗。それだけで、かなりいい。とてもドキドキした。リアルなのだ、一つ一つの絵が。こういう恋愛漫画が見たいなぁと思う。

f:id:Takarabe-san:20170320110857j:plain