読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”らくだキャンプ”へようこそ

深夜に語りたくなったことを主に書くブログ

アメリカの美容院事情について

海外に住んで困ることの1つに散髪があげられる。手頃な美容院がないので、自分で切っている人も多い。でも、どうしても限界がある。というか、上手くいかない。こちらにも美容院があるが、なかなか思い通りの美容院が見つけられないというのが、実情である。最初は、会社の同僚などに聞いてみて、美容院を探したところ、下記のものを紹介された。スポーツクリップ(Sports Clips)という、男性専用の美容院。カットしてくれるのは、若いバイトのお姉さん。その点は楽しいが、実際のスキルは高くない。というか、アジア人向けではない。最終的には、個人で経営をしている美容院にいきついた。個人経営の店の方が融通が利くし、こちらの要望にも応えようとしてくれる。

sportclips.com

そして、もう一つ、どんな髪型にしたいのか、である。日本の時と同じような髪型をこちらで求めるのも無理がある。その為、こちらの髪型で自分がやってみたいものを探すことにした。そうしたところ、下のような写真のイメージにいきついた。こちらではアンダーカット(Undercut)という。この写真を握りしめて美容院に行った。

f:id:Takarabe-san:20170417044808j:plain

 

そして、日本人なので、髪をすいてほしい。これは、thin it outと言うようだ。いちよう伝わった。ただスキバサミを使うのではなく、ハサミを縦に入れてすいてくれた。結果的に、自分なりにかなり満足がいく髪型にしてもらうことが出来た。これからもあの店に通うことになりそうだ。値段もチップ混みで25ドルくらいだし、頻繁に行っても悪くない。

アメリカドラマ「リーサルウェポン」に学ぶ英単語

海外に住んでいるので、日本のテレビを見る機会はかなり減った。かと言って、アメリカのテレビを見れるだけの英語力があるわけでもない。その為、アクションもののような映像を見ていてある程度、イメージが分かるものをたまに見ている。

 

珍しく、僕が継続して見ているものがある。それが、「リーサルウェポン」。昔、映画で放映されたもののリメイク。これが意外と面白いのだ。英語はよく分からないので、字幕を付けて見ている。それでも分からないものも多いので、よく止めては調べてを繰り返している。


Official Trailer | LETHAL WEAPON

今日は、エピソード17を見ていた。その中で分からなかった英単語をまとめておく。

Starve: 餓死するくらい腹が減っている

I am really starving.腹が減って死にそう

 

piss off: いらいらさせる、怒らせる、出ていけ、むかつく

You really pissed me off.お前は私をいらつかせた

 

insane: 正気ではない

He is insame.彼は正気ではない

 

insult: 侮辱する

He insult me on purpose.意図的に彼は私を侮辱した

 

bait: えさ

He is bait. あいつはエサだ

 

weasel: いたち、こそこそしている人

He is like a weasel. 彼はいたちのような奴だ

 

hobo: 浮浪者

Your clothes is like hobo.お前の服は浮浪者みたいだな。

そうだ!スペイン語の資格を取ってみよう!と思いついたので記録しておく

僕は、アメリカに住んでいる。そして、毎週末は、現地の人とサッカーをしたりして過ごしている。小さい頃からサッカーが好きだったので、社会人になった今で継続してプレーしている。

 

アメリカではサッカーはそれほどメジャーなスポーツではなく、大人はあまりプレーしない。でも、僕と同じように外国からアメリカに来た人で、プレーする人は多い。主にメキシコ人ムスリムイラクやイエメンなどの中東の国)人など。僕は彼等と一緒にプレーを楽しんでおり、地元のリーグにも参加している。ここでのプレーはテクニックというよりもフィジカルがものがいうんだけど。

 

さて、本題に入るが、彼等とのコミュニケーションは、基本はスペイン語。英語でも話は出来るが、お互いにそれほど得意ではない。しかし、彼等は、スペイン語は結構話すことが出来る。メキシコ人は母国語だし、ムスリムにとって、メキシコ人は商売相手のようだ。いい機会なのでスペイン語を勉強することにした。

 

その際に、何かしらの目標があった方がよいので、英語でいうTOEIC的なものを探してみた。そうすると、スペイン語技能検定西検DELEというものがあるらしい。米国では、DELEしか受けれない。試験としても、DELEの方がグローバルで使えるものらしい。これだけ聞くと、DELEの方がいいような気もするが、受験料が倍くらい違うスペイン語検定の方が安い。日本でしか受けれないけど。双方の違いについては、下記の筑波大学のサイトが分かり易くまとめている。

スペイン語の外部検定試験について | 筑波大学CEGLOC公式ホームページ

 

僕は6月末に日本に帰国する予定があったので、まずはスペイン語技能検定を受けることにする。そもそも受験料が安いこと、目的が自分の勉強の目標設定であること、なのでまずは受けてみようと思う。5級と4級を併願してみる。