読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”らくだキャンプ”へようこそ

深夜に語りたくなったことを主に書くブログ

20代にやっておいた方がよいこと

f:id:Takarabe-san:20160529002327j:plain20代っていうのは、人生の中で一番制約が少ない時期でありつつ、

もっとも忙しい時期なのではないかと思う。

そして、20代をどう生きたかで、その後の人生は大きく決まってくる。

(ような気がする)

僕なりの視点で、いろいろと書いてみる。

 

やっておいてよかったこと

自分の能力を高めておく

自分磨きという言葉の方がしっくりくるかもしれないけど、

厳しい競争社会の中で生きていくには、人が欲しがるようなスキルを

習得していること。

 

例えば資格であれば、

X)誰でも取れるような差別化出来ない資格 (自動車免許、FP3級など)

O)汎用性があり人と差がつくような資格 (簿記2級、TOEIC860など)

※基本的には、ないよりもあった方がよいというレベル

 これがないとスタートラインに立てないこともある

 学生時代には、上で言っているレベルの英語、会計はもっておくべき

 

▼仕事のスキルであれば、

X)マニュアル作成、システム改善

O)マネジメント経験、プレゼン経験、交渉経験

※人を使うこと、人を動かすこと、組織を変えること、

 核となる実務能力も大切だが、給料が高い人の仕事には、人に使う能力が必要

 

▼仕事の結果であれば、金に関わるもの

X)仕事の効率化 (工数削減系の改善)

O)金額で表せる効果 (コスト削減、収益改善)

※ビジネスとはお金

 お金で価値を表現できないものは、どうしても弱くなる

 成果をお金で表せるようにするべき

価値感を広げておく

考え方が柔軟な20代のうちに多くのものを自分の目で見て、

肌で触れておくこと

歳を取れば取るほど、制約は増えていく

海外旅行に行くにしても、結婚して子供がいる人の場合と、

独身の場合だと全然違う

 

ホテル、美容院、ファッションだと、

X)学生時代と同じ価格帯のもの

O)大人から人気があり、サービスのよい高級なもの”も”取り入れる

※高くても、客が金を出す質の高いサービスを理解する

 出費はいたいが、将来的に本物が分かる大人になる為に必要

 

レストランだと

X)会社の同僚といく安くて早い居酒屋

O)たまには、高級な店でワインや夜景を楽しむ(食へこだわりをもつ)

 

趣味ならば、

X)学生時代からの同じものを続けていく

O)新しいものに挑戦する(新しいスポーツ、文科系の趣味、料理、演奏など)

※体育会系の人なら、文化系のものをやったりすると面白さが分かる

 

旅行だと、

X)JTBツアーの日本人だけの観光ツアー(準備無し)

O)自分で旅程を作る旅(言語や歴史、文化の前準備あり)

 ※出来れば、最低3年くらい、海外に住むことをおすすめ

(海外出向をすればお金も溜まるので是非勝ち取ることを勧める)

 

www.rakuda-camp.xyz

 

 お金との付き合い方を理解しておく

大学に入ったくらいからは、お小遣い帳とは、さようならをしよう。

お小遣いとは、親から無償でもらうもの

そんなものは社会に出るとない、自分で稼がないと

 

お金の出入りを管理する

X)使ったお金を書き出すだけ

O)お金を使用する計画を事前にたてておいて、それを実績を比較する

※自分への投資にどれだけ、株などにどれだけ、趣味にどれだけ、

 みたいな感じで事前に予算をふっておく

 

お金を稼ぐことの難しさを理解しておく(学生時代)

X)とにかく時給の高いアルバイトばかるする

O)いろいろなアルバイトをしておく

※社会を構成する為にいろいろな仕事があり、それぞれの価値に見合った給与がある

 どんな仕事があって、それにどれくらい貰えるのか(社会的な価値があるのか)、

 を理解しておく

 実際にやってみると、より理解出来る(イメージと異なるものは多々ある)

 

将来の計画をたてておく

人生はぼーと過ごしているとあっという間に終わってしまう

受け身で過ごすと(人からの誘いにのってばかりだと)、自分が何をやりたいのか

分からないまま終わってしまう

自分の人生は、自分の責任

 

将来的にどんな暮らしをしていたいのかを考える

X)漠然とお金持ち

O)年収2500万くらいで、世界中とビジネスをしている

※具体的に数字や環境を入れて考えてみること

 そうすると、それを実現する為に何をしないといけないかに繋がる

 サラリーマンなのか起業なのか、政治家なのか

 

親や兄弟との関係

X)たまに実家に帰るだけ

O)腹を割った話をする

※親ほど自分のことを見てきた人間はいないし、

 損得無しで考えてくれる人はいない(一部例外はいるが)

 また、自分と基礎的な能力知は似ている

 これほどのベンチマーク対象はないので、いろいろと話を聞いてみること

 親とのよい関係は、必ず困った時にプラスになる

 

好きなだけでなく、パートナーと呼べる相手を見つける

X)一緒にいると楽しい

O)自分と物事に対する価値観が似ていて、相乗効果が生まれる相手

※一方が片方を支えるような構図はよくない

 恋愛の時は見た目がかわいいとか、体の相性がいいとかで選ぶのはOKだが、

 生活を共にするということは、金や資産を共有するということ

 合理的に判断するべき

 

20代はいろいろと挑戦をしたい時期

その為、中途半端にいろいろとつまみ食いをしがち

今振り返ってみて、自分でやってよかったのは、毎日振り返りのノートをつけたこと

日記というほどのものではなく、どちらかというとメモ帳に近い

そこに将来の絵を書きながら、それに対しての進むべき道を自問自答していた

 

特に、自己分析は何度も実施した

自分の本能がしたいことと、自分の理性がしたいこと

この2つのバランスをとり、ベクトルを合わせていくことで、

大きな推進力が生まれる