”らくだキャンプ”へようこそ

深夜に語りたくなったことを主に書くブログ

【グアテマラ】自力でプラッとスペイン語留学。アンティグアの語学学校「Atabal」に一人で行ってきたよ。

滞在は約1週間。目的としては、スペイン語の学習。今後の中南米の旅行の為に勉強をしようと思った。

 

学生時代に南米に行った経験から、現地では英語は全くと言っていいほど通じないことは知っていた。スペイン語が話せないと、いろいろと諦めることが増えるし、現地の人とのコミュニケーションが難しい。スペイン語が話せるのと、話せないのとでは、旅行の幅がかなり変わってくる。例えば、情報収集が出来ないことで、安全に対して、必要以上に金を払わなければならなかったり(騙されることを含む)。

 

そこで、スペイン語の学校の料金が安いグアテマラに行くことにした。

  

旅程

Day1:グアテマラシティ→アンティグア(バス)

Day2-5:スクール@アンティグア

Day6:アンティグア→パナハッチェル→アンティグア

Day7:アンティグア→グアテマラシティ→帰国

 

グアテマラとは?

位置:中米にありメキシコの下

公用語スペイン語

通貨:ケツァル

人口:1400万人

GDP:1129億ドル(7290ドル/人)

人種:メスティソ5割、黒人3割、マヤ1割、アジア/白人1割

Day1

日曜日の朝に空港到着。いつも通り、何も手配していないので、まずはネットで予め調べておいたアンティグアにある語学学校&ホームステイ斡旋を目指す。

空港から出て、アンティグア行のバスを探した。正式なバス乗り場はなかったが、アンティグア行のバスとそれの案内人みたいな人がいて、英語で会話可能だった。

片道10ドル。おおよそ1時間くらいの工程だった。下がそのバス。同じバスにイギリス人やアメリカ人もいた。バスは満員にならないと出発しない。その為、空港で1時間くらい待たされた。

f:id:Takarabe-san:20160124221903j:plain

f:id:Takarabe-san:20160124222005j:plain

アンティグア

バスに揺られること1時間。ついにアンティグアに到着。

まずは、語学学校の申し込み。思いバックパックを背負いながらではあったが、3つくらいの語学学校を見て回って、最終的に「Atabal」に決めた。なんだかんだ言って、日本人が経営しているスクールだし、便利な場所にあったので。もともと、ネットで調べていて、めぼしはつけていたが。料金は、5日間x4時間で82ドル。また、ホームステイ先も斡旋してくれて、6日で、80ドル。朝昼晩のご飯付き。物価はかなり安いと思う。ホームステイ先は、いくつか教えてくれるので、自分で見て回って好きなものを選ぶことが可能。いろいろなホームステイ先があり、既に何人も滞在しているところや、まだ誰もいないところなど。料金も多少前後する。とにかく、これで準備が整った。わくわく。

 平日

語学学校の入り口

f:id:Takarabe-san:20160124223519j:plain

授業を受ける場所

f:id:Takarabe-san:20160124223614j:plain

ホームステイ先

 

f:id:Takarabe-san:20160124223805j:plain

スクールの感想

教え方は、マンツーマンで、特に共通の教材というものはなく、完全に先生任せ。学校といっても、民家に机と椅子が並べられているだけ。また、先生は基本的に英語も話せないので、ある程度、スペイン語をしゃべれないと、効率悪いと思う。

一方で、料金は大変安いので、モチベーションを上げたい場合は、手っ取り早く行ってみるのも悪くない。そして何よりも驚いたのは、日本人が多かったこと。10人前後の日本人がいて、大学生から社会人までいろいろな人がいて、正直驚いた。

アンティグアの町の感想

とても小さな街なので、ほぼ歩いて街を移動出来る。また、昔は首都だったこともあり、古い建物が多い。僕はとても気に入った。マーケットもあるし、ここから周辺の街までもバスで簡単に移動出来る。

街の中心にある教会

f:id:Takarabe-san:20160125052407j:plain

街の風景

f:id:Takarabe-san:20160125052508j:plain

スクール以外の過ごし方

勉強した方がいいんだろうけどって思いながらも、やっぱり好奇心を煽られて、街に繰り出していたことの方が多かった。主には、街のカフェ巡りや、マーケットの散策、地元の子供たちとサッカー、サルサダンスレッスン、バー巡り、パナハッチェル巡り、周辺の村をチキンバスで巡る、などなど。意外とやることは多かったように思う。物価も安いし、学生時代に来ていたなら、沈没してもいいと思う。

マーケット、食材から衣服まで何でも売っている。

f:id:Takarabe-san:20160125053105j:plain

いろんなカフェがあるが、ここは自家農園グアテマラ産コーヒー豆使用

f:id:Takarabe-san:20160125053204j:plain

パナハッチェルでの街巡りは、この船で

f:id:Takarabe-san:20160125053258j:plain

グアテマラでもスペインリーグの選手が有名で、バルサかレアルかどっちだといつも聞かれた。一緒にサッカーをしたがかなり上手い。少なくとも僕よりは。

f:id:Takarabe-san:20160125053421j:plain

有名はチキンバス。アメリカのスクールバスのおさがりらしい。

f:id:Takarabe-san:20160125053445j:plain

これからグアテマラスペイン語留学を考える人へ

金銭的な面からは、とてもおすすめ。ただし、一通りの基本は日本で勉強してから来た方が効率がよい(当たり前かも)。僕は全く勉強せずに来たので、最初は何が何だか全く分からなかった。また、僕が言ったスクールは日本人がたくさんいたので、非常に助かったし、心強かったが、逆に日本語を話す機会が多かったと思う。もし本格的にスペイン語の学習をしたいのであれば、もっと海外の人が多いスクールの方がよいかもしれない。

また、アンティグアは古都で、グアテマラシティに比べると安全ではあるが、それでもチキンバスでの強盗や発泡事件は多発している。安全ではない。その意識は常にもっておいた方がよい。