読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”らくだキャンプ”へようこそ

深夜に語りたくなったことを主に書くブログ

【カナダ】メープル街道の紅葉巡り

今回は、カナダのアメリカ大使館に用事があったので、そのついでにカナダの紅葉を見にいくことにした。

旅程

今回は合計で5日。大使館に用事があったので、オタワにしたが、本来ならばモントリオールを拠点にしたかった。今回は止む無しでオタワを拠点にしてメープル街道を巡る。でも、意外と良かったよ。
 
DAY1 家→オタワ
DAY2 大使館 → モントランブラン→オタワ
DAY3 オタワ→アルゴンキン→オタワ
DAY4 オタワ市内観光
DAY5 オタワ→家
 
滞在したのが10月2週目。紅葉予報によると少し遅いと書かれていたが、実際に行ってみると紅葉はとても美しかった。年にもよるのでなんとも言えないが、まずまずだったと思う。

▽移動

最寄りの空港から、デトロイト経由のオタワ空港。現地では、レンタカーを借りた。借りたのは2日で、61CADだった(保険含まない→クレジットカード付帯分で十分)

▽ホテル

オタワのレジデンスイン@ダウンタウンに滞在。朝食付き、キッチン付き。駐車場は付いていないので、別費用が発生。ダウンタウン付近は駐車場が高いので注意が必要。

▽食事

オタワは都会ではないが、移民大国だけあって、各国料理がダウンタウンには豊富にある。小さいがチャイナタウンもある。

Day1

乗り継ぎの関係で、トロントに着いたのが23:00ごろだった。空港自体は大きくはなかった。空港からタクシーでダウンタウンに取ってあったレジデンスインまで移動。だいたい33CADくらい。時間でいうと20分。この時のレートは、1USD=0.75CAD。
 
街は夜にも関わらず、バーなどに人が集まっていた。以外と歓楽街のような街だと感じた。オタワの街に関しては、別日程で観光するので。そこでしっかり楽しもうと思う。
 
宿泊したのは、オタワのダウンタウンにあるレジデンスインというホテル。マリオット系のホテルで、長期宿泊者を対象にしたもの。その為、キッチンやデスクなどのスペースが各部屋についている。僕のようなタイプにはとても都合がいい。また、ここは朝食も無料でついている。何かあると、まずはレジデンスインを僕は探すようにしている。

Day2

大使館での用事を午前中に終わらせた後、レンタカーをピックアップしに行った。ハーツはすぐ近くにあり便利なのだが、値段の関係で歩いて20分くらいのところにあるDollar rental を使用した。空港で借りるより安いのだ。こういう小さな節約が結構好きだったりする。街を散策しながら歩いたが、特に危険な感じはしなかった。

f:id:Takarabe-san:20161114121122j:plain

レンタカーは一泊二日。保険はクレジットカードがカバーしてくれる(僕が使用しているのはマリオットのクレジットカード)ので、料金は63CAD。そして、そのままモントランブランへ。オタワからは2時間くらいの距離。残念ながら、オタワでの用事がまだあるので、日帰り。ちなみに借りたのは、現代のエラントラ

f:id:Takarabe-san:20161114121242j:plain

昼ごはんは、Tim Hortonで昼食。カナダに来るといつもここにきてしまう。ちなみにコーヒーは、ダブル&ダブル(ミルクと砂糖)。おすすめ。
f:id:Takarabe-san:20161114121333j:plain
モントランブランに着くまでの道も、かなり紅葉が始まっており、とても美しかった。そして、モントランブランに到着。ここは景色が全然違った。着くまでの景色も美しいが、別世界。おすすめする。
 
ここには、無料の駐車場があるので、そこに駐車する。山の麓が小さなリゾートタウンになっており、そこにはいくつかのホテルやレストラン、アウトドアショップがある。特に冬はスキーリゾートになるようで、その関係のものも多かった。

f:id:Takarabe-san:20161114121514j:plain

山頂から紅葉を見るために、ゴンドラで上るか、自力で登るかの選択。僕は、時間もないのでゴンドラ。料金は23CAD(税込)。歩いて登っている人もたくさんいたが、ゴンドラで見る限り、距離も長く、傾斜も厳しそうだった。泊まりで時間があればいいが、そうでなければシンドイと思う。

f:id:Takarabe-san:20161114121624j:plain

山頂には、パノラマの展望台があり、そこから紅葉が綺麗に見えた。しかし、山の上にある木はほとんど紅葉していなかった。そもそも、紅葉する木なのだろうか?それがなぞだった。

f:id:Takarabe-san:20161114121745j:plain

世界中から多くの観光客が来ていた。もちろん日本人もたくさんいて、旅物語のバッチをつけた人がたくさんいた笑
 
オタワでも感じたが東に行けば行くほど、フランス語圏になる。レストランのメニューや標識など。フランス語が話せると楽しいだろうなと思いつつ、メルシーボクしか知らないので英語で話をするしかなかった。

Day3

朝からアルゴンキンに向けて車を飛ばす。拠点にしているオタワからは3時間強。道も空いていたし、警察もいないので、快適に飛ばすことが出来た。ただ、進めば進むほど田舎になっていき、食事をする場所がなかった。昨日と同じようにティムホートン。毎日のように来ている。
 
アルゴンキンに入るまでに、すでに紅葉がなさかなり綺麗なことを途中で気づかないふりをしながらドライブを続ける。そうこうしていると、アルゴンキン州立公園に到着。入園料を支払って、中に入る。払わなくても行けそうだったが、こういう場所は払ってもよいと思う。
 
その後は、1番行ってみたかった場所、Lookout Trailへ。ここが一番景色が良いらしい。前日の紅葉でもかなり満足していたので、あれ以上のものはないだろうと、あまり期待をせずにいたが、これが間違い。アルゴンキン、まじでスゴイ。
f:id:Takarabe-san:20161114122142j:plain

トレイルなので、車を停めてから少し歩く。上の写真が歩いている風景と前を歩いていた二人組の男性。ここから更に奥に進むと、開けた場所があり、そこから紅葉の絶景が一望出来る。ほー、これが有名なカナダの紅葉ですかーって感じ。とにかく綺麗だった。アルゴンキンを二日目にして良かった。目の高い日本人がたくさん来るのも頷ける。

f:id:Takarabe-san:20161114122411j:plain

この景色をしばらく眺めた後、オタワへの帰り道を再び運転。帰りは、カントリーロードなどゆっくりとしたカントリーミュージックを聞きながら帰った。

Day4

この日は午後からオタワで用事があるので、一日オタワで過ごす。観光には向かない街、オタワ。ここで一日、何をして過ごそうか。あいにくの天気で、気持ち的にはずっとホテルにいたい。でも、もったいないので外に出ることを決意。f:id:Takarabe-san:20161114123618j:plain

まずは、国会議事堂に行くことにした。国会は中を見学することが出来る。しかし注意をしないといけないのが、チケットが必要ということ。無料ではあるが、1日に入場出来る人数が制限されており、国会の向かいのビジターセンターで朝に行ってチケットを取る必要がある。9時頃からビジターセンターが開くので、少しだけ行列が出来る。ここで、英語のツアーのチケットを人数分取ることが必要。

f:id:Takarabe-san:20161114123212j:plain

ここでチケットを取った後は、いよいよ国会に突入。国会の中を見るツアーと、タワーに登るものの2つある。僕は両方行った。両方行くことをおすすめする。下の写真がタワーに登って、上から見たオタワの景色。

f:id:Takarabe-san:20161114123417j:plain

実はオタワの紅葉も綺麗。特にタワーの上から見ると街が一望出来る。無料なので時間があるならおすすめ。次に国会の中のツアー。英語でガイドをしてくれる。国会の中なんて、日本ですら入ったことないのに。カナダはいい国だ。下の写真は国会の中にある資料室。

f:id:Takarabe-san:20161114123752j:plain

次に国会の写真。写真のお姉さんが説明をしてくれる。おそらく、オタワ大学の学生のボランティアと思われる。カナダの女性はフランス系の血が流れているせいからなのか、みな綺麗だし細い。

f:id:Takarabe-san:20161114123855j:plain

次は、リドー運河とバイワードマーケット。雨が降ってきたので、かなり寒い。駆け足で簡単に見て回った。正直、まぁ運河だな、マーケットだなって感じ。そもそも観光地なのか?と思ってしまった。

f:id:Takarabe-san:20161114124150j:plain

f:id:Takarabe-san:20161114124244j:plainその後は、近くのデパートなどの中に入っているショップを回ったりして、時間を潰した。

 

これで、メープル街道の旅行は終了。