読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”らくだキャンプ”へようこそ

深夜に語りたくなったことを主に書くブログ

オフィスでよく耳にする、ちょっと気の利いた英語表現

仕事柄、英語を使用する機会が多いので、

今日は、僕が聞いて、これ便利だなと思う表現をいくつか紹介します。

doom and gloom:悲観的な先行き

doom and gloom forecast:悲観的な予想

doom and gloomer:将来を悲観している人

 

②the tip of the iceberg:氷山の一角

It's the tip of the iceberg.

仕事だと、このトラブルって、氷山の一角だよねって言いますよね?

このような表現を使えると米人に分かり易いと思います。

 

➂if you don't mind....:もしあなたが良ければ、

If you don't mind, why don't we go dinner tonight?よし良ければ食事に行きませんか?

文の頭につけるだけで、丁寧な感じがします。

あまり親しくない間柄の場合に使います。

 

④Let me confirm.:確認させて。

これよく使う人は信用されません。日本人がよく使う英語ですが、使い過ぎに注意。

 

➄Sort of.:まぁそんな感じ。

めんどくさい時に使います。そんな感じだよ。

 

⑥Avoid redundancy. : 冗長になるのは避けなさい

 まぁ、結構ネガティブな感じで使います

 

➆Low hanging fruit : 低い目標

 低い目標はやめようって時に使います。

 

⑧in a nutshell : 完結に言うと

 まとめる時によく使います。ようするに、みたいな感じ

 
➈anyway : まぁ、なんというか

みんなよく使います。まぁ、なんというか、みたいな感じです

 

➉It is not rocket science : そんなに複雑なことじゃないんだよ

自ら難しくしている人に向けていう言葉です。言われたら反省しましょう。