読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”らくだキャンプ”へようこそ

深夜に語りたくなったことを主に書くブログ

そうだ!スペイン語の資格を取ってみよう!と思いついたので記録しておく

僕は、アメリカに住んでいる。そして、毎週末は、現地の人とサッカーをしたりして過ごしている。小さい頃からサッカーが好きだったので、社会人になった今で継続してプレーしている。

 

アメリカではサッカーはそれほどメジャーなスポーツではなく、大人はあまりプレーしない。でも、僕と同じように外国からアメリカに来た人で、プレーする人は多い。主にメキシコ人ムスリムイラクやイエメンなどの中東の国)人など。僕は彼等と一緒にプレーを楽しんでおり、地元のリーグにも参加している。ここでのプレーはテクニックというよりもフィジカルがものがいうんだけど。

 

さて、本題に入るが、彼等とのコミュニケーションは、基本はスペイン語。英語でも話は出来るが、お互いにそれほど得意ではない。しかし、彼等は、スペイン語は結構話すことが出来る。メキシコ人は母国語だし、ムスリムにとって、メキシコ人は商売相手のようだ。いい機会なのでスペイン語を勉強することにした。

 

その際に、何かしらの目標があった方がよいので、英語でいうTOEIC的なものを探してみた。そうすると、スペイン語技能検定西検DELEというものがあるらしい。米国では、DELEしか受けれない。試験としても、DELEの方がグローバルで使えるものらしい。これだけ聞くと、DELEの方がいいような気もするが、受験料が倍くらい違うスペイン語検定の方が安い。日本でしか受けれないけど。双方の違いについては、下記の筑波大学のサイトが分かり易くまとめている。

スペイン語の外部検定試験について | 筑波大学CEGLOC公式ホームページ

 

僕は6月末に日本に帰国する予定があったので、まずはスペイン語技能検定を受けることにする。そもそも受験料が安いこと、目的が自分の勉強の目標設定であること、なのでまずは受けてみようと思う。5級と4級を併願してみる。